えとせとら本棚

新しい本との出会いにわくわく。一冊の本から次の一冊へ。

【中瀬ゆかりのブックソムリエ】2020年7月23日放送 どうぞ愛をお叫びください:武田綾乃

 

 

 

 

ニッポン放送あなたとハッピー!2020年7月23日放送分

 

新潮社の中瀬ゆかりさんが番組内のコーナーで紹介した本と、お話をざっくりまとめて載せていきます。

 

 番組はこちら!radikoでも聴けますよ!

 

毎回、話題の本が登場!さぁ、今週はどんな本と出合えるでしょうか?

早速見て行きましょう。

 

どうぞ愛をお叫びください:武田綾乃

 

 

■著者略歴

1992年京都府生まれ。第8回日本ラブストーリー大賞最終候補作に選ばれた『今日、きみと息をする。』が2013年5月に出版されデビュー━━「BOOK」データベースより

  

内容

男子高校生4人がゲーム実況やってみたらこうなった! 読めば彼らのファンになる、新感覚青春小説。「ユーチューバーやろうぜ」。幼馴染の発した一言が、僕らの物語のはじまりだった。かくしてキャラの違いすぎる男子高校生4人がゲーム実況に参戦! 試行錯誤の末、人気実況者への道を歩き始める。だが、それとともに4人の間に不穏な空気が流れ始め、ついにはある事件が勃発し――。リアル度&爽快度120%の最旬青春小説。━━Amazonより

 

 

 

 

今回は小説です。

武田さんは1999年生まれで、中瀬さん、お見かけしたそうですが、とても美しい方とおっしゃっています。高校ものの小説が得意で、アニメ化もされているとのこと。

 

今回は4人の高校生がユーチューバーを目指す新感覚青春小説。なんでもゲーム実況のユーチューバーだとか。

 

登場人物は、芭蕉、信長、田村麻呂、漱石、と、あだ名が個性的。キャラもみんなバラバラでいい味を出している。

 

ユーチューバーの収益の種類や、編集のコツ、陥りがちなトラブル,アンチ、炎上などの話も登場することから、青春小説でありながら、ある意味ユーチューバーのなり方のマニュアルみたいなものにもなっている。

 

中瀬さん:

YouTubeのことを知らなくても解りやすく面白く、そして、もし私が高校生だったら、危険なこともあるだろうけど、こうやって集まって、やりたくなるだろうなぁーと。青春自体は時代が変わっても変わらないけれども、色々ツールが変わってきている。こういう形で自分たちを発信していくってことを覚えた彼らが、今後どうなって行くのか、ドキドキしながら読んだ。恋愛要素も含めて楽しめた。

 

 

どうぞ愛をお叫びください

どうぞ愛をお叫びください

 

 

*******

武田綾乃さん、最近名前をよくお見かけしていました。お若いのに、すでにたくさんの本を出されているんですね。

確かにユーチューバーって気軽にやってそうに見えるけれども、収益が発生するわけだから、万人が上手くいくとは限らないわけで、有名になるにはそれなりの段階を経て、たくさんの努力もされていることでしょう。本書はユーチューバーの実態を知れる一冊でもありそうですね。

 

次回のブックソムリエは、7月30日です。

 

中瀬さんはTOKYOMXTVの5時に夢中!でもエンタメ番付のコーナーをお持ちで、そちらで紹介された本や映画も、姉妹サイトうずまきぐ~るぐるで紹介してますので、合わせてお楽しみください。

ではまた!