えとせとら本棚

新しい本との出会いにわくわく。一冊の本から次の一冊へ。

【装丁-単行本VS文庫本】「八月の六日間」-北村薫

 

 

 

 

 

今回は北村薫さんの八月の六日間です。

 

 ■単行本 2014/5/29

 

 

■文庫本  2016/6/18

 

 

 山登りはしませんが、大好きな一冊です。清涼感ある山の風景から、ちょっと眩しい装丁に変わりましたね。どちらも主人公らしき女性が歩いています。道が見えている分、単行本の方が穏やかな登山に見えるかな~。どちらも魅力的ですが、わたしはやはり単行本の空気が澄んでいそうな広がりある山の景色の方が好きです。
 
 

この本のレビューを書いています!!

www.readingkbird.com

 

          よかったら、投票して行ってくださいませ<(_ _)>

 

 
その他の装丁対決はこちらからどうぞ。