えとせとら本棚

新しい本との出会いにわくわく。一冊の本から次の一冊へ。

<中瀬ゆかりのブックソムリエ2022>ハレム:女官と宦官たちの世界-4月21日放送 

 

 

 

ニッポン放送あなたとハッピー!2022年4月21日放送分

新潮社の中瀬ゆかりさんが番組内のコーナー紹介した本と、お話をざっくりまとめて載せていきます。 番組はこちら!radikoでも聴けますよ!

毎回、話題の本が登場!さぁ、今週はどんな本と出合えるでしょうか?早速見て行きましょう。 

 

 

ハレム:女官と宦官たちの世界:小笠原弘幸

■内容

 

 

 

■放送内容

以下、番組内の話の要点になる部分を簡潔に載せています。

・「ハレム」は「ハーレム」のこと。

・現在ハレムブームが来ている。海外ドラマでも今世界で人気がある。日本でも宝塚やコミックも人気。

・真面目なんだけど、事実が面白いからグイグイ読まされる。

王朝の組織の運営のされ方、女官の役職や宦官の世界など。

超ハイスぺの官僚組織だってことがよくわかる。

・大変勉強になる面白い一冊。

■著者について

1974年、北海道生まれ。青山学院大学文学部史学科卒業。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)。2013年から九州大学大学院人文科学研究院イスラム文明学講座准教授。専門はオスマン帝国史およびトルコ共和国史。主な著書に『イスラーム世界における王朝起源論の生成と変容』(刀水書房)、『オスマン帝国』(中公新書、樫山純三賞受賞)、『オスマン帝国英傑列伝』(幻冬舎新書)など。(Amazonより)

■感想

久しぶりのブックソムリエです。今回は「選書」。このシリーズ、学術的ですが面白いものが多く、私も「江戸時代」について随分お世話になりました。紹介の本は「ハーレム」とのこと。私たちが想像しているハーレムとのギャップ?が楽しめそうだなぁ。女官の役職とか、ちょっと日本の大奥のような雰囲気を感じます。なかなか興味深い一冊です。

ブックソムリエが終わったら、ゲストに若林史江さんが登場。まるで「5時夢!」の再現(笑)朝から濃ゆい。

それではまた来週!

 

こちらが世界で大人気のドラマ。

 

★過去のラジオ棚はこちらです。

ここに本中瀬さんはこちらの番組でもエンタメ番付のコーナーをお持ちです。姉妹サイトうずまきぐ~るぐるで紹介してますので、合わせてお楽しみください。