えとせとら本棚

新しい本との出会いにわくわく。一冊の本から次の一冊へ。

<中瀬ゆかりのブックソムリエ2022>それでも日々はつづくから:燃え殻-5月19日放送 

 

 

 

ニッポン放送あなたとハッピー!2022年5月19日放送分

新潮社の中瀬ゆかりさんが番組内のコーナー紹介した本と、お話をざっくりまとめて載せていきます。 番組はこちら!radikoでも聴けますよ!

毎回、話題の本が登場!さぁ、今週はどんな本と出合えるでしょうか?早速見て行きましょう。 

 

 

それでも日々はつづくから:燃え殻

 

■内容

ズルズルと行けるところまで、やってみるしかない。 日々、僕たちは少しずつ摩耗し、「いっそ消えてしまいたい」それくらいの傷だらけで今日も生きている。決定的に死にたくなるような出来事は、そんなに起きないけれど。「己を鼓舞する呪文がほしい。この本にはそのヒントがあります」と壇蜜さんも推薦!! 週刊新潮連載の人気エッセイ(+コラムとマンガ入り)、待望の書籍化。(Amazonより)

 

 

 

■放送内容

以下、番組内の話の要点になる部分を簡潔に載せています。

 

・日々を生きることのヒントが満ち満ちたエッセイ集。「週刊新潮」に掲載され人気がある。

独特な世界観がある。燃え殻文体をちょっと真似したくなる。

・燃え殻さんは変なもの変な人に遭遇しやすい。

・ふと流れてきた音楽に不覚にも泣いてしまうような、いわゆるちょっとエモい感じもある。

・女性が多めに出て来る。燃え殻さんはモテる。色っぽい男性。(中瀬さんは会ったことがあるとのこと)

・日常の出来事が、燃え殻さんの手にかかるとまるで魔法にかかったように、めちゃめちゃ面白いエピソードと考察になる。

・笑うし、涙むぐむし、どの話が刺さるかは人によって違うだろうけど、粒ぞろいで、久々こんな面白いエッセイ集を読ませてもらった。

 

■著者について

 1973年生まれ。小説家、エッセイスト。 2017年、小説家デビュー作『ボクたちはみんな大人になれなかった』がベストセラーとなり、 2021年秋、Netflixで映画化、全世界に配信、劇場公開された。 小説の著書に『これはただの夏』、エッセイ集に『すべて忘れてしまうから』 『夢に迷って、タクシーを呼んだ』『相談の森』『断片的回顧録』がある。(Amazonプロフィールより)

■感想

燃え殻さんのお名前だけは見かけたことがあったのですが、ちょっと得体が知れぬ感じで、本を読もうとは思いませんでしたが、またもや本日のブックソムリエで読みたくなりました(笑)にしても、何故このお名前なんでしょう~。若者なのかと思ったら、燃え殻さん、49歳。おじさんだったというのも分かり、親近感が出ました!早速、読んでみましょう♪

それではまた来週!

 

★過去のラジオ棚はこちらです。

中瀬さんはこちらの番組でもエンタメ番付のコーナーをお持ちです。姉妹サイトうずまきぐ~るぐるで紹介してますので、合わせてお楽しみください。