えとせとら本棚

新しい本との出会いにわくわく。一冊の本から次の一冊へ。

【王様のブランチ・BOOK】井岡瞬さんインタビュー<朽ちゆく庭>(2022月年6月18日 )

 

 

 

王様のブランチのBOOKコーナーで紹介された本を紹介します。

 2022年6月18日こちら!!

 

■朽ちゆく庭:井岡瞬

朽ちゆく庭

 

■内容

■著者について

1960年東京都生まれ。2005年『いつか、虹の向こうへ』で第25回横溝正史ミステリ大賞とテレビ東京賞をW受賞しデビュー。著書に『代償』『痣』『悪寒』『不審者』『仮面』『奔流の海』など多数(Amazonより)

■インタビュー

 

―――引っ越しをきっかけに山岸家の問題が浮き彫りなってくる。この構成は結構こだわられたんですか?

 

井岡さん:

生活を新しくすると、何か変わるかもしれないって思うかもしれないんですけど、自分が変わらないと、いくら環境を変えても変わらないと思っていまして。彼らの行動を見守るように書いた。「あなたたちどうするの?」っていうのを問いかけながら。

 

「突沸」と言う言葉があるんですけど、お湯を静かな状態で100℃にしても沸騰しないことがあるんです。そこにほんの少し砂粒を入れると、爆発したみたいに沸騰するっていう現象がある。

 

あかりがその小さな砂粒で、傍から見ると静かなお湯に見えたところに(山岸家)に砂粒(あかり)を入れて問題が起き上がるのをイメージしたんです。

 

 

 

 

井岡さん:

傍から見ると問題がなさそうでも、実は中に入ってみるととても大きな問題を抱えている家族は多い。

 

―――その中を見る怖さを感じました。

 

井岡さん:

家族みんなが秘密を話し、素顔をさらけ出しているとは思えない。それぞれに秘密をもって陰で何かをやっている。どこの家庭でも起こり得ることかな。

 

*秘密を抱えた家族が行き着く衝撃の結末とは?その先にある家族の在り方を問う物語です。

■感想

確かに家族と言えども全てを知っているわけではなく、みんな何かしらの秘密をもっていことでしょう。それがちょっとしたことで晒された時...いやぁ~なんか怖いですね。井岡瞬さん、初めて拝見しましたがすごくいい声です(笑)作品もまだ1冊も読んだことがないのですが、サスペンスを選ぶときにはまずこれかなと思えた作品です。

それでは、また来週!

 

過去のテレビ棚一覧は、こちらからどうぞ!