えとせとら本棚

新しい本との出会いにわくわく。一冊の本から次の一冊へ。

【新聞】アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した(朝日新聞2022年7月9日掲載)

 

 

 

 

毎週土曜日に掲載されている朝日新聞書評欄から、気になったものをピックアップして掲載しています。毎週、幅広いジャンルが紹介されていますが、あくまでも私自身が「気になる」という視点で選んでいます。読書リスト的なページです。

 

今週は「文庫この新刊!」からピックアップしました。

 

【ピックアップ】アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した:ジェームズ・ブラットワース

好奇心ポイント

強烈なタイトルに目が留まりました。コロナの時代になって、脚光を浴びる仕事になったAmazonやウーバーイーツ。本当にあっという間に広まった感がありますよね。その反面、トラブルの話も耳にするようになりました。実際、現場はどういった状態なのでしょう。タイトルからは殺伐としたものしか伝わって来ませんが、これは必ず日本でも起きること、いや、すでに起こっていることなのかもしれません。格差、低賃金、重労働。きちんと向き合うためにも、まずは現状把握をしておきたいものです。

 

 

 

内容

☞こちらも注目

フリーライターの著者が、中国で様々なアルバイトを体験する。

どんな仕事も順応性って大事だと改めて思う。

www.readingkbird.com

後記

安倍元首相の衝撃的なニュースを見てからずっと心がざわついています。なにか得体の知れない大きな不安に襲われている、この感情は一体なんなのかも処理できず、新たな情報を次々と耳に入れてしまった。さすがにこれはちょっと精神的にやられそうとニュースから離れ、本の世界に逃げ込んだ。選挙はどうなるのだろう。色々気がかりなことが絶えない週末。

ではまた来週!