えとせとら本棚

新しい本との出会いにわくわく。一冊の本から次の一冊へ。

【装丁-単行本VS文庫本】ざんねんな女たちの、現代版『細雪』-「あの家に暮らす四人の女」三浦しをん

 

 

 

 

今回は三浦しをんさんの「あの家に暮らす四人の女です。

 

 ■単行本 2015/7/9

 

 

 

■文庫本  2018/6/22

 

 

 

やっぱり私は単行本の方がスキだな。このなんちゃって谷崎感が楽しすぎます。文庫の方は大事なカラスの存在を全面的に出してきたのでしょうか。こちらも内容にそっていますが、谷崎潤一郎メモリアル特別小説&ざんねんな女たちの、現代版『細雪』ということから、やっぱり単行本のこちらが特徴がよく出ているなぁと。
 
 
書評はこちらです!! 

 

 Amazon

あの家に暮らす四人の女 (中公文庫)

あの家に暮らす四人の女 (中公文庫)

 

 

よかったら、どちらが気に入ったか投票して行ってくださいね(^-^)