えとせとら本棚

新しい本との出会いにわくわく。一冊の本から次の一冊へ。

【情報7daysニュースキャスター】><大ピンチずかん:鈴木のりたけ>の紹介(2022年9月3日 )

 

 

 

 2022年9月3日の情報7daysニュースキャスターで紹介された本を紹介します。

■大ピンチずかん:鈴木のりたけ

 

■内容

■著者について

1975年、静岡県浜松市生まれ。会社員、グラフィックデザイナーを経て、絵本作家に。『ぼくのトイレ』(PHP研究所)で第17回日本絵本賞読者賞、『しごとば 東京スカイツリー』(ブロンズ新社)で第62回小学館児童出版文化賞を受賞。 主な作品に、「しごとば」シリーズ(ブロンズ新社)、『かわ』(幻冬舎)、『おしりをしりたい』(小学館)、『そだてば』(朝日新聞出版)などがある。(Amazonより)

 

■番組で紹介

番組冒頭で安住アナと三谷さんが、この本を取り上げ、ピンチに関しての話を軽くされていたのを見たのですが、そちらよりむしろボードのイラストが気になって気になって(笑)ちなみにこのイラストが映っていた。

Amazonより

                        

ほんと、これ!このタイプの飲み物で、ストローのトラブルが結構多いわたし。些細なトラブルだけどこれがかなーりイライラする!こうした問題の解決ができるならと、早速読んでみたいと思った。セロテープの端が見つからないとか「あるある」ですよねぇ。

「第6回未来屋えほん大賞」作品で、すでに6万部を突破した大人気な一冊だそう。子どもの本だけど、大人も夢中になりそうですね(笑)

 

■鈴木のりたけさんのその他の本

初めて知った絵本作家さんでした。他にもタイトルからも面白そうな本を書かれています。