えとせとら本棚

新しい本との出会いにわくわく。一冊の本から次の一冊へ。

【傑作選】「砂」が怖い小説

 

 今回は「砂」の関連棚です。

   f:id:uzumaki-guruguru:20191005090708j:plain 

 

砂にまつわるちょっと、いや、かなり怖い2冊をご紹介します。

詳細はレビューでもお読みできますのでぜひ。

 

砂に閉じ込められた世界にじりじりと....。『砂の女

 

 まず一冊目は、安部公房の「砂の女

 

 

 

砂と言えば「安部公房」って言っても過言ではないほど、

とても印象に残っている作品です。

 

例えば、誰も居ない村、無人島等々、だれも来ないところに、もし放り出されたらなんてことを、誰でも一度や二度考えたたことがあるでしょう。

でもその場所が「砂」で覆われた穴だったらどうでしょう。

 

 こちらは書評です↓

 

 

 

ザリザリと脳までも浸蝕する砂、そして見覚えのない砂が家の中にも『ししりばの家』

 

2冊目は、ししりばの家:澤村伊智

 

 

自分の身体が砂に閉じ込められる「砂の女」。

「ししりばの家」は砂が脳を浸蝕するというとても奇妙で怖い話。

 「ザリザリ」と聴覚的もいつまでも不気味な気分を味わった一冊。

 

 こちらは書評です↓

 

 どちらも「砂」の存在が怖くなった本です。

サラサラしている砂なのに、内容はジメジメして重苦しい。

そして、砂から逃げられない閉塞感も満載です。