えとせとら本棚

新しい本との出会いにわくわく。一冊の本から次の一冊へ。

【新聞】新聞書評・気になる一冊 楽しい雪の結晶観察図鑑:武田康男(朝日新聞:2021年3月6日掲載)

 

 

 

 

毎週土曜日に掲載されている朝日新聞書評欄から、気になったものをピックアップして掲載しています。毎週、幅広いジャンルが紹介されていますが、あくまでも私自身が「気になる」という視点で選んでいます。読書リスト的なページです。

 

今週は、「みる」のコーナーからピックアップ。

楽しい雪の結晶観察図鑑:武田康男

 

 

■内容

「天から送られた手紙」はただただ美しい多彩な雪の結晶の魅力が詰まった魔法の本!日本と世界の雪の結晶290点を掲載!━━━「BOOK」データベースより

 

  

これから春を迎えるのに雪の本です(笑)でも、まれに3月に大雪が降ることもありますからねぇ。さて、雪の結晶。たまたまコートの上に落ちた雪、その結晶が綺麗で嬉しくなった経験、みなさんもあるんじゃないかな。小さくてもちゃんとした模様を持った形になっていることに本当に感動させられる。結晶は「ひとつとして同じものはない」そうだ。だから一期一会、本当に短い一期一会なんですね。

 

 

楽しい雪の結晶観察図鑑

楽しい雪の結晶観察図鑑

  • 作者:武田 康男
  • 発売日: 2020/12/11
  • メディア: 単行本
 

 

***********

<< 後記>>

結局、東京は緊急事態宣言は延長されました。だからといって何が変わるでもなく。一説には年内に収束は難しいと言う話も出ていましたが、薄々誰もがそう思っていることでしょう。オリンピックもそろそろ結論を出して、「収束」に全力を尽くすことに集中したいものです。あと、ワクチンもちらちらと副反応のニュースが入って来てますね。この話も注視していかなければなりません。

それでは、また来週!