えとせとら本棚

新しい本との出会いにわくわく。一冊の本から次の一冊へ。

【新聞】モテるには、男は容姿!女は教養?平安貴族サバイバル(朝日新聞2022年7月16日掲載)

 

 

 

 

毎週土曜日に掲載されている朝日新聞書評欄から、気になったものをピックアップして載しています。毎週、幅広いジャンルが紹介されていますが、あくまでも私自身が「気になる」という視点で選んでいます。読書リスト的なページです。

 

今週は「読書欄」からピックアップしました。

 

【ピックアップ】平安貴族サバイバル:木村朗子

 

好奇心ポイント

平安時代はどんな人がモテたのか?男は容姿、女は教養ということになるらしい。源氏物語を読んだことがある方なら、そのあたりのことは納得がいくのではないかと思う。好きな相手とは和歌でやり取りするという習慣だったため、この和歌が腕の見せ所となる。「私、そんなセンスない~」なんて女性でも、そこにはお付きの女房が全面サポートしてくれるので、むしろ女房の存在こそが恋愛競争に打ち勝つ鍵になる....とも言える。顔の一部しか相手に見せるだけ、和歌のやり取りだけで進む恋愛関係。マスク社会になった現在、マスクとメールで繋がる恋愛もひょっとしたらあり得る?令和は平安時代に戻りつつあるのか?(笑)

 

 

内容

☞こちらも注目

こちらも面白そう!

 

後記

先週の安倍元首相の事件の余韻がまだまだ続いている。SNSも毎日このことで持ちきりだ。読めば読むほど何が何だか....ちょっと頭の中で整理しきれないものがある。まぁもうしばらく冷静にことの成り行きを見てゆく必要がありそう。ということで、こちらでは初蝉の鳴き声が一瞬聞けました。雨ばかりでなかなか出て来られない蝉たち。土の中で悶々としてそうですね(笑)それでは、また来週。