えとせとら本棚

新しい本との出会いにわくわく。一冊の本から次の一冊へ。

<中瀬ゆかりのブックソムリエ2022>財布は踊る:原田ひ香 7月28日放送 

 

 

 

ニッポン放送あなたとハッピー!2022年7月28日放送分

新潮社の中瀬ゆかりさんが番組内のコーナー紹介した本と、お話をざっくりまとめて載せていきます。 番組はこちら!radikoでも聴けますよ!

毎回、話題の本が登場!さぁ、今週はどんな本と出合えるでしょうか?早速見て行きましょう。 

 

 

財布は踊る:原田ひ香

 

■内容

60万部超え大ヒット作『三千円の使いかた』の著者、最新刊は「お金のつくりかた」! 会社の同僚と平凡な結婚をし、ひとり息子にも恵まれ、専業主婦として穏やかに暮らす葉月みづほ。彼女はある夢を実現するために、生活費を切り詰め、人知れず毎月二万円を貯金していた。二年以上の努力が実り、夢を実現した喜びも束の間、夫に二百万円以上の借金があることが発覚して――。様々な事情で「今より少し、お金がほしい」人達の、切実な想いと未来への希望を描く!(Amazonより)

 

 

■放送内容

以下、番組内の話の要点になる部分を簡潔に載せています。

 

・著者は生活に密着したことをお書きになるのがすごく上手い方。

・今回はお金の作り方がテーマ。

・主要人物は6人。全員金欠。やむを得ない事情でお金に困っている人々。

お金と財布を巡っての人間模様が次々オムニバス形式で出て来る。

・登場人物は身近に居そうな感じで立ち上がって来る。

・それぞれの人々がわざとらしくなく見事にリンクしてゆく。

・投資家の桐谷さんもこの本を読んで、「楽しく読んで、お金の知識や節約術が身についた、この小説、役に立つ!」と絶賛。

・読んで感動とお得感が得られる。自分のお金のことを考えるきっかけにもなる。

■著者について

1970(昭和45)年、神奈川県生れ。2005(平成17)年「リトルプリンセス2号」で第34回NHK創作ラジオドラマ大賞受賞。2007年「はじまらないティータイム」で第31回すばる文学賞受賞。著書に『三千円の使いかた』『そのマンション、終の住処でいいですか?』『古本食堂』他。(新潮社著者プロフィールより)

                              

■感想

中瀬さんと原田のYouTubeで、中瀬さんの大きなお財布が公開されています。大きな財布が大好きという中瀬さん。なんでもいつでも10万入っているとか。さすがですねぇ。本書はそんなお金にまつわる身近な話がとても面白そうです。節約術、気になります。

ちなみに中瀬さんのお財布のYouTubeは、こちら。とにかく中瀬さんの財布は分厚い!お守りいっぱい!圧巻でした。

原田ひ香×中瀬ゆかり|お財布の中身、見せてください!小説家と編集者のお財布事情を大公開!! - YouTube

それではまた来週!

 

★過去のラジオ棚はこちらです。

中瀬さんはこちらの番組でもエンタメ番付のコーナーをお持ちです。姉妹サイトうずまきぐ~るぐるで紹介してますので、合わせてお楽しみください。