えとせとら本棚

新しい本との出会いにわくわく。一冊の本から次の一冊へ。

<中瀬ゆかりのブックソムリエ2022>世はすべて美しい織物:成田名璃子 12月22日放送 

 

ニッポン放送あなたとハッピー!2022年12月22日放送分

新潮社の中瀬ゆかりさんが番組内のコーナー紹介した本と、お話をざっくりまとめて載せていきます。 番組はこちら!radikoでも聴けますよ!

毎回、話題の本が登場!さぁ、今週はどんな本と出合えるでしょうか?早速見て行きましょう。 

 

世はすべて美しい織物:成田名璃子

■内容

 

 

■放送内容

以下、番組内の話の要点になる部分を簡潔に載せています。

 

・伝説の織物を巡る大河長編

母と娘の話や手仕事小説としてなど、いくつもの面を持つすごく面白い小説。

伝説の織物「山笑う」が一つの軸になっている。

昭和12年からの話と、平成30年の現代パートがある。

時代の違う二人の女性が、まるでタペストリーの織物のように巡り合う。

ふたつの運命を紡いでいく先に、物語が「おおーー」と開けて来る。

・特に女性は、自分を振り返ったり、自分の人生は自分が決めていくってことや、自由であることの素晴らしさ、色々なことを噛みしめられる小説

・どんな方にもおすすめですが、特に女性に読んでもらいたい。

■著者について

1975年青森県生まれ。東京外国語大学卒業。2011年『月だけが、私のしていることを見おろしていた。』が第18回電撃小説大賞《メディアワークス文庫賞》を受賞し、作家デビュー。2015年『東京すみっこごはん』が人気を博し、ヒットシリーズとなる。2016年『ベンチウォーマーズ』で第7回高校生が選ぶ天竜文学賞、第12回酒飲み書店員大賞を受賞。他の作品に『ハレのヒ食堂の朝ごはん』『グランドスカイ』『月はまた昇る』などがある。(新潮社著者プロフィールより)

■感想

今日は森永卓郎さんも一緒のブックソムリエでした。途中まで声も出さず大人しくしていたモリタクさん。後半は全開で参加し、久々、中瀬&モリタクのトークが炸裂!もう中瀬さんのツッコミが最高です。お顔が見えないので表情は分かりませんが、モリタクさんはそれにもめげず平然として喋っているし(笑)面白いなぁ。思わず声出して笑ってしまいました。それはさておき、小説の紹介はとても魅力的で、是非読んでみたいと思いました。読みごたえがありそう~。それではまた来週?来年~~。

 

★過去のラジオ棚はこちらです。

中瀬さんはこちらの番組でもエンタメ番付のコーナーをお持ちです。姉妹サイトうずまきぐ~るぐるで紹介してますので、合わせてお楽しみください。