えとせとら本棚

新しい本との出会いにわくわく。一冊の本から次の一冊へ。

【新聞】新聞書評 花束みたいな恋をした:坂元裕二(朝日新聞:2021年4月3日掲載)

 

 

 

 

毎週土曜日に掲載されている朝日新聞書評欄から、気になったものをピックアップして掲載しています。毎週、幅広いジャンルが紹介されていますが、あくまでも私自身が「気になる」という視点で選んでいます。読書リスト的なページです。

 

今週は、「売れている本」のコーナーからピックアップ。

 

ノベライズ 花束みたいな恋をした:坂元裕二

 

■内容

あなたは思い出しますか?二人で過ごしたあの部屋と時間を、ベランダからの景色を、川辺の帰り道を……。
すべての恋の思い出に捧ぐ、珠玉のラブストーリー。

はじまりは、終電だった――
東京・明大前駅で終電を逃し偶然に出会った山音 麦と八谷 絹。
人生最高の恋をした、奇跡のような5年間を描く、映画『花束みたいな恋をした』より、ノベライズ、発売。

劇中使用(&描き下ろし)のイラストも多数掲載!小説で、あの感動をもういちど。━━Amazonより

 

  

 

主演: 菅田将暉 有村架純ですでに映画が公開されているそうですね。書評では山内マリコさんが「主演二人のいちゃいちゃが愛おしい上質なラブストーリーでもある」と言っている。そうね、そうね。すでに装丁画にもそんな雰囲気が漂っています(笑)人生の中の甘いひとコマを描いた感じなのかな?とにもかくにも、甘々な小説の候補としてスタンバイさせておこう♪

 

ノベライズ 花束みたいな恋をした

ノベライズ 花束みたいな恋をした

  • 作者:坂元 裕二
  • 発売日: 2021/01/04
  • メディア: 単行本
 

 

***********

<< 後記>>

蔓延防止なんちゃらが発令される地域が来週はあるそうですがどうなんでしょう。東京の数字はジワジワと上がって来てはいるものの、人口のわりに数が少ない気がします。これから爆発的に増えるのか?それともこれもオリンピックありきの何かがあるのかと疑ってみたり。もう本当、命あってのスポーツ。そろそろ開催中止を決めればいいのに。賛否両論あるだろうけど、心から楽しめる状況ではないですよね。

それでは、また来週!