えとせとら本棚

新しい本との出会いにわくわく。一冊の本から次の一冊へ。

<中瀬ゆかりのブックソムリエ・2023>永井紗耶子著『木挽町のあだ討ち』

 

ニッポン放送あなたとハッピー!2023年1月19日放送分

新潮社の中瀬ゆかりさんが番組内のコーナー紹介した本と、お話をざっくりまとめて載せていきます。 番組はこちら!radikoでも聴けますよ!

毎回、話題の本が登場!さぁ、今週はどんな本と出合えるでしょうか?早速見て行きましょう。 

永井紗耶子著『木挽町のあだ討ち』

■内容

 

 

■放送内容

以下、番組内の話の要点になる部分を簡潔に載せています。

・まだ1月ですが、今年のベスト1になり得る小説。

時代小説が苦手な方もスイスイ読めるほど面白い本。

・江戸の木挽町が舞台。仇討ちが許された時代

・一話ごとのインタビュー形式。人々の過去の話がめっぽう面白い

・一人一人の過去のドラマに胸が詰まる

・彼らはみな芝居に救われている。

・後半、びっくりするくらい様相が変わるミステリー要素もある。

・豊かな物語。物語の力を見せつけられた。

読まないと損ですよっていうレベルの小説。久しぶりに唸った。

■著者について

1977年、神奈川県出身。慶應義塾大学文学部卒。新聞記者を経て、フリーランスライターとなり、新聞、雑誌などで幅広く活躍。2010年、「絡繰り心中」で小学館文庫小説賞を受賞し、デビュー。2020年に刊行した『商う狼 江戸商人 杉本茂十郎』は、細谷正充賞、本屋が選ぶ時代小説大賞、新田次郎文学賞を受賞した。2022年、『女人入眼』が第一六七回直木賞の候補作に。他の著書に『大奥づとめ よろずおつとめ申し候』『福を届けよ 日本橋紙問屋商い心得』『横濱王』などがある。

(新潮社著者プロフィールより)

■感想

これは相当おすすめだと思いますよ。中瀬さんのテンションが、しょっぱなからかなり高かったです。このコーナーをずっと拝聴していますが、今日は中瀬さん、心底この小説にハマって惚れ込んでいる感じが出ていました。....ということで、時代小説は苦手なんですが、これは読もうと決めました。「読まないと損ですよ」って言葉が尾を引いている。今年も早速、親方のおすすめに乗せられてしまう(苦笑)

 

★過去のラジオ棚はこちらです。

中瀬さんはこちらの番組でもエンタメ番付のコーナーをお持ちです。姉妹サイトうずまきぐ~るぐるで紹介してますので、合わせてお楽しみください。