えとせとら本棚

新しい本との出会いにわくわく。一冊の本から次の一冊へ。

【王様のブランチ・BOOK】久保りこさんインタビュー<爆弾犯と殺人犯の物語>(2022年10月22日 )

 

 

 

王様のブランチのBOOKコーナーで紹介された本を紹介します。

 2022年10月22日こちら!!

■爆弾犯と殺人犯の物語:久保りこ

 

■内容

■著者について

高知県出身。大学卒業後、会社勤めを経て、主婦に。2021年「爆弾犯と殺人犯の物語」で第四三回小説推理新人賞を受賞する

 

■インタビュー

 

―――小説推理新人賞受賞を受賞した時の気持ちは?

 

久保さん:

「決まりました」っていうお電話をいただいた時に、意外だったので、リアクションは薄目だったと思いますね。でも電話を切ってからは、小躍りするくらい喜びました。

 

 

 

―――背筋は凍るんですけど、心はじんわり温かくなる、ほんとに初めての読後感。空也と小夜子、つかみどころない二人だと思っていたんですけど。

 

久保さん:

作品の中で大きなミステリーと言うのは、もちろん必要ですけど、心情のミステリーがあってもいいかなって思いました。

 

―――不穏な空気の中でひなちゃんが現れるじゃないですか。そこでまた空気がガラッと変わる。

 

久保さん:

(ひなちゃんは)すべてを隠している大人の中で、唯一ストレートで素直なキャラクター。ひなちゃんがくることによって、小夜子も空也も秘密のヒントをもらうことになる。そのヒントをもらうことによって、秘密がさらに倍増していく重要な役割。

 

―――意外なラストだなって驚いた。もともと決められていたんですか?

 

久保さん:

全然なんです。今でもラスト、ちょっと迷うわ...ってくらいの感じですね。

 

*少しずつ明かされていく真実が胸に迫る新感覚の物語です。

 

■感想

作品のタイトルの物々しさと、装丁画のほんわりした感じのアンバランス。内容のほうは、ドキドキさせられる、ホラー並みの怖さがあるとか。それでいて恋愛要素もありそうな。とにかく、タイトルや装丁画からは想像がちょっとできない感じがしました。ラストについての久保さんの話、まだ迷っているって面白いですね(笑)

それでは、また来週!

 

過去のテレビ棚一覧は、こちらからどうぞ!

 

■本日取り上げられた書籍 の一部

 

心身の不調にも役立つ一冊

これ、どこかの番組で実験的に何人かの女性たちが試してましたが、食べたいものを食べながら、本当に細くなっていました。無理なくくびれが出来るのにびっくり。骨盤の位置とかみたですね。気になるななぁ~。

 

科学理科知識が身につくコミック